New Topics
賃貸探しでわかりやすいサイト

賃貸物件を決めるには色んな要素あり

住まいを考えた時に持ち家にするか賃貸物件にするかを決めるには色んな要素がありますが、家計の負担に直結する経済性を考えた場合、定年でローン完済後の住居費負担がなくなり持ち家が賃貸より有利ということですが、逆に言えば定年まではそれほど大差がないとも言えます。定年後は地方に移り住んだり、子供達が独立して狭い住宅に住み替えて家賃が安くなり、場合によっては賃貸の方が有利ということも考えられます。いずれにしても経済性について言えば、所有か賃貸かの損得勘定をする前に、かけているお金と移住性への満足度が見合っているかをまず問い直し、費用対満足度も考えることも大事です。

ライフスタイルへの柔軟性を考えれば常識的には賃貸が有利になります。持ち家の場合は売却して住み替えるとき、売買の交渉、契約などの諸手続き、税務申告など何かと手間やコストが発生します。時間的にも経済的にも少なからず負担がかかり、気軽に幾度も住み替えるというわけにはいきません。更に問題はローンの残債です。売却価格とうまく相殺できればいいですが、売却価格を上回るほど大幅に残債がある場合は、売却そのものが成立しないこともあります。今は永住を前提として買う人が多いことを考えると、所有する場合は長く住むと考えるべきです。

関連リンク