New Topics
賃貸探しでわかりやすいサイト

窓の手前に障子がある賃貸で日射量を制限

かなり日差しが強い地域では真夏になると、カーテンをどれぐらい開けておくべきか悩まされます。あまりカーテンを開けっ放しにしていると部屋が眩しくなりすぎて、遮光カーテンを導入するべきか考えてしまう事もあるでしょう。しかし遮光カーテンというのは日差しを遮りすぎて、今度は逆に日差しが物足りない部屋になってしまいかねません。そういう日差しの調節が難しいと悩んでいる時に選んでみてほしいのが、窓に障子を取り付けてくれている賃貸です。窓の手前に障子があるだけで、部屋が眩しくなった時には障子を閉めておくだけで程よい明かりを届かせてくれる様になります。

障子というのは光をある程度は通してくれるものですし、その光の透け方が美しいからこそ日本で古くから使われてきたものです。真夏の日差しが厳しい日であったとしても、障子を通した日差しは程よい光に感じる事が出来るでしょう。しかも障子というのは程よい断熱性能も持っており、窓の手前に障子が取り付けられている物件であれば、冬場にも障子が活躍してくれます。窓の向こう側から入り込んでくる寒気を障子で押し留めて、室温を一定に保つ事に役立ってくれるのです。そういった嬉しい特徴を調べて、障子付きの物件を選んでみるのが良いと思います。